生物環境科学科

環境土壌学研究室

Laboratory of Environmental Soil Science

いろいろな土、作物のお助けマン ― 土の中の共生微生物

礒井俊行 教授礒井俊行 教授

村野宏達 准教授村野宏達 教授

研究内容

土壌圏は生物・大気・水・岩石圏の媒介者として地域・地球規模の物質循環や生態系に重要な働きをします。

国連は2015年を土壌の大切さを伝える「国際土壌年」に定め、国際土壌科学会議は2015-24年を「国際土壌の10年」として活動しています。

私たちは、植物と共生する根粒菌・菌粒菌の作物生産や環境修復などへの貢献、土壌中の養分・有機化学物質・重金属の循環・動態と植物吸収の関係を調べています。

これらの研究成果を還元し、「いのち豊かな緑の地球」の保全・発展に貢献します。

研究室だより

詳細は研究室のホームページをご覧下さい

研究室からのお知らせ

最近の主な論文・著書

  1. 礒井ら(2022)裏作レンゲ栽培およびチェーン除草を実施した水稲の有機栽培、名城大農学術報、58: 45-50.
  2. 村野(2022) 農薬の土壌吸着機構への新たな提言: —強い水素結合は農薬の土壌吸着に寄与しているのか?—、 日農薬会誌, 47: 8-10.
    DOI: 10.1584/jpestics.W22-09
  3. Hosoda et al. (2022) Correlation between molecular microbial community and nitrogen cycling on ornithogenic soil affected by tsunami in Japan. Ecol. Genet. Genom., 23: 100114.
    DOI: 10.1016/j.egg.2022.100114
  4. Asano et al. (2021) Arbuscular mycorrhizal communities in the roots of sago palm in mineral and shallow peat soils. Agriculture, 11(11): 1161.
    DOI: 10.3390/agriculture11111161
  5. Murano et al. (2021) Quantification methods of pyrogenic carbon in soil with soil as a complex matrix: comparing the CTO-375 and Cr2O7 methods. Soil Sci. Plant Nutr., 67(4): 380-388.
    DOI: 10.1080/00380768.2021.1925960

    その他の論文・著書
  6. Update :

page top