SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
植物保全学研究室
LINE
環境動物学研究室
LINE
環境分析化学研究室
LINE
環境土壌学研究室
LINE
植物機能科学研究室
LINE
環境微生物学研究室
LINE
ランドスケープ・デザイン学研究室
LINE
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 環境分析化学研究室
Update :
SPACE
pic_blue 環境分析化学研究室
SPACE
MeidaS 大浦 健 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員1
SPACE
教授 大浦 健
SPACE
研究内容
身の回りの環境には数多くの化学物質が氾濫しており、そのなかには人体に対して有害なものも見つかっています。現在、環境や生態系に対し影響が大きい化学物質については様々な規制施策が行われていますが、未だ環境濃度や毒性が明らかとなっていない化学物質も数多く存在していると思われます。当研究室では大気、土壌・底質、水といった様々な環境中に含まれる化学物質、とくに未規制化学物質の環境分析に力を入れています。さらにそれら物質の毒性評価も行い、未規制化学物質を環境影響と生体影響の両面から解明することを目指しています。また、安全・安心な社会の構築と発展に向けて、バイオマスの有効利用から高機能を付加した新規材料の開発についても研究しています。
SPACE
研究内容パネル
クリック!
PDFファイル(801KB)

上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
詳しくは研究室の詳細をご覧ください。 
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
平成27年度
・日本農芸化学会2016に参加します。(3/27-30)
・卒業発表会お疲れ様でした!(2/13)
・化学オリンピック2015が海の日(7/20)に開催されます。高校生の皆さん、是非参加しよう!
・第24回環境化学討論会に参加しました。(6/24)
・9名の4年生を迎えて新年度スタート!

平成26年度
・日本化学会第95春季年会に参加しました。(3/26-29)
・修士1名、4年生11名が卒業しました。
・第23回環境化学討論会で『ハロゲン化多環芳香族類の環境研究』に関する講演を行います。(5/14)
・新たに12名の4年生を迎えて新年度スタート!

平成25年度
・神谷君(M2)、第22回環境化学会討論会最優秀学生賞を見事受賞!(7/31-8/2)
・SETAC Europe(UK)に参加します。(5/12-17)
・新たに8名の4年生を迎えて新年度スタート!

平成24年度
・環境省環境研究総合推進費(H23〜24、代表:大浦)の最終成果報告会を開催します。(3/15)
・都市大気のPM2.5研究会で講演を行います。(3/1)
・大浦准教授が薬学シンポジウム(金沢大学)で招待講演を行います。(1/21)
・日本分析化学会第61年会(金沢)に修士の学生2名が発表を行いました。(9/19)
・テニス大会開催!熱い中盛り上がりました。(8/26)
・快挙!ソフトボール大会準優勝!(5/26)
・新たに4年生8名を加えて、H24年度スタート!

平成23年度
・ミュンスター(ドイツ)で開催される23rd International Symposium on Polycyclic Aromatic Compounds (ISPAC 23)で研究成果の発表を行います(9/4-9/8)。
・乗鞍観測所にて大気モニタリングを行いました(8/29-30)。
・第20回環境化学討論会(7/16-18、熊本県立大学)で修士1年生2名が研究成果を発表します。
・ソフトボール大会に参加しました。残念ながら予選リーグで敗退しましたが、歴史的1勝を挙げることができました!(5/28)
・油が淵にサンプリングに行きました。今後の動向が楽しみです。(5/27)
・新たに4年生9名を加えて、H23年度スタート!

平成22年度
・本研究室の1期生が全員無事に卒業しました。今後の活躍を期待しています!(3/25)
・GLサイエンスから講師をお招きし、固相による抽出・前処理に関するインハウスセミナーを行いました。(10/21)
・入鹿池にサンプリングに行ってきました。皆さんお疲れさまでした。(8/3)
・研究室のホームページを立ち上げました。(8/2)
・日本分析化学会第59年会(9/15-17、東北大学)で共同研究成果を発表します。
・第19回環境化学討論会(6/21-23、中部大学)で研究成果を発表します。
・ソフトボール大会に参加しました。ナイスファイト!皆さんお疲れさまでした。(5/15)
・4月より新しいメンバーで研究室がスタートしました。
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・K. Kakimoto, H. Nagayoshi, N. Inazumi, A. Tani, Y. Konishi, K. Kajimura, T. Ohura, T. Nakano, N. Tang, K. Hayakawa, A. Toriba: Identification and characterization of oxidative metabolites of 1-chloropyrene. Chem. Res. Toxicol. 26, 1728-1736 (2015)
・T. Motokawa, M. Makino, Y. Enomoto-Rogers, T. Kawaguchi, T. Ohura, T. Iwata, M. Sakaguchi: Novel method of the surface modification of the microcrystalline cellulose powder with poly(isobutyl vinyl ether) using mechanochemical polymerization. Adv. Powder Technol. 26, 1383-1390 (2015)
・Y. Kamiya, F. Ikemori, T. Ohura: Optimization of pretreatment and ionization for GC/MS analysis for the determination of chlorinated PAHs in atmospheric particulate samples. Int. J. Environ. Anal. Chem. 95, 1157-1168 (2015)
・T. Ohura, H. Sakakibara, I. Watanabe, W. J. Shim, P. M. Manage, K. S. Guruge: Spatial and vertical distributions of sedimentary halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in moderately polluted areas of Asia. Environ. Pollut., 196, 331-340 (2015)
・H. Sakakibara, T. Ohura, Y. Kamiya, N. Yamanaka, N. Shimada, K. Shimoi, K. S. Guruge: Sex-dependent difference in the hepatic and pulmonary toxicological effects in mice administrated 7-chlorinated benz[a]anthracene. Fund. Toxicol. Sci., 1, 101-108 (2014)
・M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata: Contact electrification of polymers due to electron transfer among mechano anions, mechano cations and mechano radicals. J. Electrostat., 72, 412-416 (2014)
・K. Kakimoto, H. Nagayoshi, Y. Konishi, K. Kajimura, T. Ohura, K. Hayakawa, A. Toriba: Atmospheric chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in East Asia. Chemosphere, 111, 40-46 (2014)
・M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata: The correlation between the ionic degree of covalent bond comprising polymer main chain and the ionic yield due to mechanical fracture. Polymer, 55, 1917-1919 (2014)
・T. Ohura, Y. Tsutaki, M. Sakaguchi: Novel synthesis of cellulose-based diblock copolymer of poly(hydroxyethyl methacrylate) by mechano-chemical reaction. Sci. World J., 2014, 127506 (2014).
・T. Ohura, M. Kojima, Y. Horii, Y. Kamiya: Diurnal variability of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in urban air, Japan. Atmos. Environ. 81, 84-91 (2013).
・J. Ma, Z. Chen, M. Wu, J. Feng, Y. Horii, T. Ohura, K. Kannan: Airborne PM2.5/PM10-associated chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons and their parent compounds in a suburban area in Shanghai, China. Environ. Sci. Technol., 47, 7615-7623 (2013).
・H. Sakakibara, T. Ohura, T. Kido, N. Yamanaka, N. Tanimura, K. Shimoi, K. S Guruge: Organ-specific distribution of 7-chlorinated benz[a]anthracene and regulation of selected cytochrome P450 genes in rats. J. Toxicol. Sci.,38, 137-143 (2013).
・T. Kido, H. Sakakibara, T. Ohura, K. S. Guruge, M. Kojima, J. Hasegawa, T. Iwamura, N. Yamanaka, M. Sakaguchi, T. Amagai, K. Shimoi: Evaluation of chlorinated benz[a]anthracene on hepatic toxicity in rats and mutagenic activity in Salmonella typhimurium. Environ. Toxicol., 28, 21-30 (2013).
・M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata: Mechanoanions produced by mechanical fracture of bacterial cellulose: Ionic nature of glycosidic linkage and electrostatic charging. J. Phys. Chem. A. 116, 9872-9877 (2012).
・J. Wang, S-J. Chen, M. Tian, X. Zheng, L. Gonzales, T. Ohura, B. Mai, S. Simonich: Inhalation cancer risk associated with exposure to complex polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in an electronic waste and urban area in South China. Environ. Sci. Technol., 46, 9745-9752 (2012).
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.