SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
植物保全学研究室
LINE
環境動物学研究室
LINE
環境分析化学研究室
LINE
環境土壌学研究室
LINE
植物機能科学研究室
LINE
環境微生物学研究室
LINE
ランドスケープ・デザイン学研究室
LINE
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 環境動物学研究室
Update :
SPACE
pic_blue 環境動物学研究室
SPACE
MeidaS 日野 輝明新妻 靖章 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員1
SPACE
教授 日野 輝明
SPACE 教員2
SPACE
教授 新妻 靖章
SPACE
研究内容
動物をもっと知りたい。
 陸地から海洋まで幅広い自然環境をフィールドにして、そこに生息する脊椎動物から無脊椎動物までさまざまな野生動物の生態・行動・生理を調べています。
 研究室では、研究に困った時など、観察することでヒントが得られるため、とにかく野生動物をよく観察すること、フィールドに行くことがモットー。今後も知的好奇心を満たしたり、刺激するような研究を目指し、野外調査を取り入れて、研究を進めていきます。
SPACE
研究内容パネル
クリック!
PDFファイル(809KB)

上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
no title
詳しくは研究室の詳細をご覧ください。 
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
・2015年度の卒業研究発表会は2月13日に実施されます.夕方より,打ち上げパーティーがあります.
・12月5-6日に郡上高原ホテルにて,卒業研究のゼミを研究室約40名で行いました。
・生物環境科学科では,2年生になるとシカの保全について大台ケ原で野外実験を行います。本年度はシカがササを採食している様子が観察できました。
・研究室の卒業生の○さんは,アクアとと岐阜で飼育員として働いています。○○さんは,富士サファリパークで飼育員として活躍しています。
・昨年度の研究室卒業生が名古屋市市役所に市職員として採用され,働いています。
・函館で開催されたPacific Seabird Group annual meeting2009におけるstudent paper awardにおいて,Yukiko Inoue1, Hidenori Fujii2, Hirohumi Kuroki2, Yasuaki Niizuma2 and Yutaka Watanuki1(1. Hokkaido University, 2. Meijo University)による「THE RELATIONSHIP BETWEEN ORNAMENT SIZE AND BREEDING SUCCESS IN THE GREAT CORMORANT(カワウにおける飾り羽の大きさと繁殖成績の関係)」 が、Second award を受賞しました.
・東京で開催された日本鳥学会2008年度大会における若手の部ポスター賞において、富田直樹1, 岡田恵理2, 新妻靖章2, 高木昌興1(1. 大阪市大・院理・動物機能生態, 2. 名城大・農・環境動物)による「胚の成長に影響を与える卵の気孔密度のクラッチ内の相違」が優秀賞を受賞しました.
・「バカにならない読書術」養老孟司,池田清彦,吉岡忍著のなかで,当研究室有田豊名誉教授の「擬態する蛾 スカシバガ」が科学を楽しむ本として,紹介されました. スカシバガのように良い手本を真似ることも科学を学ぶ上で,はじめは重要なのでしょう.
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・柴田叡弌・日野輝明 2009 大台ヶ原の自然史.東海大学出版会
・日野輝明 2009 森林の管理と再生:生物群集の考え方から「シリーズ群集生態学第6巻」(大串ら編)pp.27-62.京都大学学術出版会.
・日野輝明・石田朗 2012 GPSアルゴス追跡による東海地方のカワウの行動圏と季節移動.日鳥学誌 61,17-28.
・Ito H, Hino T, Sakuma D. (in press) Species Abundance in Floor Vegetation of Managed Coppice and Abandoned Forest. Forest Ecol Manag 269:99-105.
New・Shirai M, Niizuma Y, Yamamoto M, Oda E, Ebine N, Oka N, Yoda K. 2015. High levels of isotope elimination improve precision and allow individual-based measurements of metabolic rates in animals using the doubly labeled water method. Physiological Reports. 3, e12552.
New・Mori T, Miyata N, Aoyama J, Niizuma Y, Sato K (in press) Estimation of metabolic rate from activity measured by recorders deployed on Japanese sea bass Lateolabrax japonicus. Fisheries Science
New・粂佑奈・新妻靖章・他4名. 2015. イカナゴとオキアミを給餌したウトウ雛の消化率と成長. 日鳥学誌 64, 219-226.
New・Watanuki Y, Yamamoto T, Yamashita A, Ishii C, Ikenaka Y, Nakayama SMM, Ishizuka M, Suzuki Y, Niizuma Y, Meathrel CE, Phillips RA. 2015. Mercury concentrations in primary feathers reflect pollutant exposure in discrete non-breeding grounds used by Short-tailed Shearwaters. J Ornithol 156:847-850.
New・Takahashi A, Ito M, Suzuki Y, Watanuki Y, Thiebot J-B, Yamamoto T, Iida T, Trathan P, Niizuma Y, Kuwae T. 2015. Migratory movements of rhinoceros auklets in the northwestern Pacific: connecting seasonal productivities. Mar Ecol Prog Ser 525,229-243.
New・Tomita N, Mizutani Y, Trathan PN, Niizuma Y. 2015. Relationship between non-breeding migratory movements and stable isotopes of nitrogen and carbon from primary feathers in Black-tailed Gull Larus crassirostris. Ornithol Sci 14, 3-11.
New・Kazama K, Murano H, Tomita N, Hosoda A, Niizuma Y, and Mizota C. 2015. Effects of Tsunami flooding on ornithogenic nitrogen in soils under breeding colony of Black-tailed Gulls. Ornithol Sci 14, 29-39.
New・Niizuma Y, Sahirai M. 2015. Applicability of a single-sample approach for doubly labelled water method to Streaked Shearwater (Calonectris leucomelas). Ornithol Sci 14, 21-28.
・鈴木優也,伊藤元裕,風間健太郎,新妻靖章,綿貫豊. 2014. ウトウの卵容積には餌の栄養段階ではなく親の栄養状態が影響する. 日鳥学誌 63, 279-287.
・Niizuma Y, Tsuchiya K, Kume H, Beesyo T, Kazama K. 2014. Nutritional Composition and Energetic Values of Great Cormorant prey species in Japan. J Yamashina Int Ornithol 45, 93-97.
・Mizutani Y, Tomita N, Niizuma Y, Yoda K. 2013. Biology Letters doi:10.1098/rsbl.2013.0539
・Shirai M, Ito M, Yoda K, Niizuma Y. 2013. Mar Ornithol 41: 151–153
・Kazama K, Hirata K, Yamamoto T, Hashimoto H, Takahashi A, Niizuma Y, Trathans PN, Watanuki Y. 2013. J Avian Biol 44, 603-608.
・Shirai M, Niizuma Y, 他3名. 2013. Ornithol Sci 12, 57-62
・Kazama K, Iwamoto MT, Hori Y, Niizuma Y. 2013 J Yamashina Int Ornithol45, 46-52.
・土屋健児・風間健太郎・井上裕紀子・藤井英紀・新妻靖章 2013 中部地域におけるカワウの育雛期の食性の繁殖地および年による違い.日鳥学誌 62, 57-63.
・Kazama K, Murano H, Tsuzuki K, Fujii H, Niizuma Y, Mizota C. 2013. Applied Geochemistry 28, 128–134
・Sato T,,, Niizuma Y et al. 2011 Ecology 92:201-207.
・風間健太郎,伊藤元裕,新妻靖章,桜井泰憲,高田秀重,Sydeman WJ, Croxall JP,綿貫豊 2010 海洋環境モニタリングにおける海鳥の役割と保全.日鳥学誌 59:38-54.
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.