応用生物化学科

生物物理化学研究室

Laboratory of Biophysical Chemistry

生体や食品を構成する
物質とその構造変化

前林正弘 教授前林正弘 教授

天野健一 准教授天野健一 准教授

研究内容

生体内では様々な物質の相互影響によって、様々な機能が発現し、生命活動が維持されています。その背景には水溶液中の水と有機化合物との構造が関係します。本研究室では、生態関連物質の水溶液中での挙動や超臨界流体の物性と反応の解明などをテーマに、有機化合物の物性について、熱力学的および弾性的な側面から物理化学的にアプローチし、それぞれの現象を物理化学的に検討して、食品や生体組織の機能発現機構のメカニズムなどに定量的で理論的な解釈を与えていきます。

研究室だより

2019年度より新体制となりました。
研究内容パネルを右に掲載いたしましたのでご覧下さい。

2021年度の研究室活動も,新型ウイルス感染症拡大防止のため,大学の方針に沿って行います。

現在,研究室では感染防止策をとりながら,卒業研究等を進めています。

研究室からのお知らせ

令和3年度のゼミナールは4月26日より次の方法で実施されます。

・4年生 論文紹介
毎週月曜日開催
4/26~5/10:N401にて17:00開始
5/17~7/12:N221にて13:30開始
※6/14は卒研中間発表を行います。

最近の主な論文・著書

・ G.S. Fang, K. Tsukamoto, M, Maebayashi and M. Ohba (2018) The contour of excess molar enthalpy at a mole fraction of benzene x = 0.548 on the p - T plane in liquid state and near the critical points for the (benzene + cyclohexane) mixture J. Chem Thermodyn., 120, 33-38.
・ M, Maebayashi, M. Ohba and T. Takeuchi (2018) Anomeric proportions of D-glucopyranose at the equilibrium determined from 1H-NMR spectra II. Effects of alkali metal chlorides, CaCl2 and BaCl2 on the anomeric equilibrium at 25.0°C. J. Mol. Liq., 252, 236-244.
・ 方国松・大場正春・前林正弘,(2017) “液体状態,臨界点近傍,気体状態での二成分系の過剰エンタルピー”,熱測定,44,1577-163.
・ K. Sakai, S. Kojiya, J. Kamijo, Y. Tanaka, K. Tanaka, M. Maebayashi, J. Oh, M. Ito, M. Hori,M. Shimizu and M. Kato (2017) Oxygen-radical pretreatment promotes cellulose degradation by cellulolytic enzymes. Biotechnol. Biofuels, 10, 290.
・ M, Maebayashi, M. Ohba and T. Takeuchi (2017) Anomeric proportions of D-glucopyranose at the equilibrium determined from 1H-NMR spectra I. Investigation of experimental conditions and concentration dependence at 25.0 °C. J. Mol. Liq., 232, 408-415.
・ 前林正弘,大場正春,香田忍(2017) “超音波顕微鏡による加工牛皮の表面近傍の弾性率評価”,名城大農学報,53,1-6.
・ K. Tsukamoto, T. Goto, G. Fang, M, Maebayashi and M. Ohba (2016) Specific behavior of excess enthalpy of binary fluid mixtures near critical loci. J. Mol. Liq., 217, 120-130.
・ 塚本浩貴,後藤貴英,前林正弘,大場正春(2015) “超臨界領域における二成分流体の過剰体積の特異的な挙動”,名城大農学報,51,1-7.
・ G.S. Fang, K. Tsukamoto, M, Maebayashi, M. Ohba and H. Ogawa (2014) Pressure dependence of excess enthalpy for (benzene + cyclohexane) mixture near the critical locus at T= (558.2, 563.2 and 573.2) K and p = (3 to 15) MPa. J. Chem Thermodyn., 79, 159-166.
・ G.S. Fang, K. Tsukamoto, M, Maebayashi, M. Ohba and H. Ogawa (2014) Excess enthalpy for the (benzene + cyclohexane) mixture over a wide range of temperature and pressure. J. Chem Thermodyn., 78, 204-214.
・ K. Tsukamoto, G. Fang, M, Maebayashi and M. Ohba (2013) The shapes of critical loci of binary fluid mixtures on the p–T plane. J. Therm. Anal. Calorimet., 113, 1551-1554.
・ 大場正春,前林正弘,原田茂治,佐原秀子(2008) “炊飯米とパンの老化過程の熱力学的研究”,名城大学総合研究所論文集,13,61-69.
・ 前林正弘,大場正春,香田忍(2008) “微粒子分散高分子複合材料の境界層の音響解析”,熱測定,35,87-97
・ T.Takigawa, M.Ohba, H.Ogawa, S.Murakami, (2003) Thermodynamic properties of binary mixtures of hexane isomer and cyclohexane at 298.15K. Fluid Phase Equilibria, 204, 119-130

Update :

page top