SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
応用微生物学研究室
LINE
生物化学研究室
LINE
栄養・食品学研究室
LINE
食品機能学研究室
LINE
生物物理化学研究室
LINE
天然物有機化学研究室
LINE
農薬化学研究室
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 食品機能学研究室
Update :
SPACE
pic_green 食品機能学研究室
SPACE
MeidaS 林 利哉・ 長澤麻央) SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員2
SPACE
教授 林 利哉
SPACE
SPACE
助教 長澤 麻央
SPACE
研究内容
「動物性タンパク質食品の加工と機能性に関する研究」をメインテーマに掲げ、安全で、美味しく、かつ健康に役立つ食品の創製を行っています。そのための加工技術の理論と実際について検討。現在は発酵技術、レトルト技術を中心に研究を進めています。今後は、心身ともに美味しいと感じられる食の創製を目指すとともに、教育と研究内容との連関をより強め、食を通して社会に貢献しうる人材の育成に資するような研究を具現化していくのが目標です。
SPACE
研究内容パネル


上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
☆芳賀 聖一 先生 最終講義☆
 
 平成27年3月14日午後2時より、共通講義棟南の大教室にて、芳賀聖一先生の最終講義が盛大に執り行われました。先生の教員生活41年を振り返るだけでなく、未来への想いを語っていただくにはあまりに短い時間でしたが、ユーモアにあふれ、かつ、和やかで温かみのある最終講義をしていただき、来場者全員が終始笑顔で聞き入っていました。土曜日開催にもかかわらず、300名を超える来場者があつまり、急遽、教室変更を余儀なくされるほどの盛況ぶりで、そのうち半数以上を占めた卒業生もとっても極めて感慨深い講義となりました。
 講義終了後も先生を待ち受ける卒業生が後を絶たず、教室の明かりが消えたのは午後5時半をまわっていました、、、。
 
 ご来場いただいた皆様、本当に有り難うございました。
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
【平成26年度】
・研究室スタート!新年度を迎え、恒例の農場でのモデルソーセージ作製(4/7〜)
・スポーツ大会参加。エースで四番がご不在、かつ男子学生の少ない中、1勝を目指して全力をつくしました。結果は今年も・・・(5/17)
・学生実験スタート!(5/19〜7/4)
・ワーキングビー参加(5/25, 7/25)
・オープンキャンパスにて、ホイップドクリームのおいしさ比較をはじめ、乳・肉の科学に関する企画を研究室総出で行いました。一日当たり100名ほどの高校生と保護者の方々が訪れ、昨年に続き大盛況でした(8/2, 3)
・4年生、前期まとめの中間発表を行いました(打ち上げ有)(8/4)
・教員両名と小川技能員が猛暑の中、附属農場にて食品加工実習を行いました(8/28〜30&9/11〜13)
・芳賀先生が今年も宮崎大学の要請を受け、乳・肉・卵に関する集中講義を行いました(8/25〜)
・総勢16名の新研究室員(3年生)を迎え、歓迎会を行いました(9/19)
・大学祭にて恒例の研究室解放!久々に家族併せて100名超!!沢山の卒業生達が集結しました(10/30〜11/1)
・ゼミの一環で、行政、食品企業、学生共同の食に関する意見交換会を行いました(11/10)
・キャリア支援事業、研究室ゼミの一環で、名古屋市南部市場(食肉衛生検査所)の見学にでかけました(12/19)
・平成26年度農学部卒業研究発表会が開催され、研究室4年生全員(17名)がご父兄も含めた沢山の参加者が見守る中、有終の美を飾りました。当研究室では今年もご父兄を招待し、お陰様で95%におよぶ保護者の方々にご参加いただけました。その後の懇談会も非常に盛況でした(3年生も協力・参加)。この場を借りて感謝申し上げます(2/14)
・平成26年度農学研究科修士論文発表会があり、伊藤君、西村君がそれぞれ立派に発表を終えました(2/16)

【平成25年度】
・研究室スタート!新年度を迎え、恒例の農場でのモデルソーセージ作製(4/10〜)
・院生よる発表でゼミスタート(4/23〜)
・スポーツ大会参加。チームの大黒柱がご不在、かつ男子学生の少ない中、1勝を目指して全力をつくしました。結果は・・・(5/25)
・学生実験スタート!(5/27〜7/3)
・当研究室、応用微生物学研究室、そして熊本のアイスクリーム工房、ついんスターとの共同開発で、酒粕入りアイスクリーム、”華名城(はなのしろ)アイス”が誕生しました。学内の売店(ジェイビーズ)で好評発売中!(7/3〜)
・4年生、前期まとめの中間発表を行いました(打ち上げ有)(8/2)
・オープンキャンパスにて、ホイップドクリームのおいしさ比較をはじめ、乳・肉の科学に関する企画を研究室総出で行いました。一日当たり100名ほどの高校生と保護者の方々が訪れ、昨年に続き大盛況でした(8/3, 4)
・林准教授が国際食肉科学技術会議(ICoMST 2013 in Izmir)のためトルコに渡航し、発酵ゲルに関する研究成果を発表してきました(8/17〜23)
・教員両名と小川技能員が猛暑の中、附属農場にて食品加工実習を行いました(8/29〜31&9/12〜14)
・芳賀先生が今年も宮崎大学の要請を受け、乳・肉・卵に関する集中講義を行いました(9/2〜9/6)
・日本畜産学会第117回大会(新潟大学)にて院生の伊藤祐基君が口頭発表を行いました(9/9, 10)
・総勢17名の新研究室員(3年生)を迎え、歓迎会を行いました(9/24)
・大学祭にて恒例の研究室解放!70〜80名の卒業生を迎えました(11/1, 2)
・キャリア支援企画として、岡崎方面へ工場見学に行ってきました(11/18)
・研究室員全員で忘年会(12/17)
・平成25年度農学研究科修士論文発表会があり、村橋君、深見君がそれぞれ立派に発表を終えました(2/13)
・平成25年度農学部卒業研究発表会が開催され、研究室4年生全員(15名)がご父兄も含めた沢山の参加者が見守る中、有終の美を飾りました。当研究室では今年もご父兄を招待し、お陰様で9割におよぶ保護者の方々にご参加いただけました。その後の懇談会も非常に盛況でした(3年生にも協力いただきました)。この場を借りて感謝申し上げます(2/15)
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・Hayashi, T. and Haga, S. (2013) Effect of fermentation with psychrotrophic lactic acid bacteria on the microstructure and physical properties of heat-induced myofibrillar protein gels, Jpn. J. Food Eng., 14, pp. 177-180.
・林 利哉・芳賀聖一(2013)畜肉タンパク質のゲル物性と組織構造ーレトルト加熱ゲルを中心にー 「ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発(技術情報協会),pp. 413-417
・Hayashi, T., Washio, S., Arakawa, M., Taguchi, M., Toyoda, N. and Haga, S. (2011) Evaluation of the functional properties in pork meat fermented by psychrotrophic bacteria, Int. Cong. Meat Sci. Technol., 57, P395 (pp.1-4).
・Aota, K., Ichinoseki, S., Numata, M., Kosai, K., Miyaguchi, Y., Hayashi, T. and Haga, S. (2011) A new processing method to reduce sodium in sausages without potassium chloride and phosphates, Int. Cong. Meat Sci. Technol., 57, P375 (pp.1-4).
・Hayashi, T., Toyoda, N., Arakawa, M. and Haga, S. (2010) Retort processing may induce protein degradation and improve food functionalities of meat products. Int. Cong. Meat Sci. Technol., 56, E60 (pp.1-4).
・芳賀聖一,林 利哉,大場正春,坂田亮一(2009)低温増殖性乳酸菌を接種した豚肉におけるタンパク質分解挙動,名城大学総合研究所 総合学術研究論文集,8,91-96.
・林 利哉,服部篤彦,加藤恵一,藤野槌美,芳賀聖一(2009)直接加熱法と間接加熱法で殺菌したUHT牛乳における水溶性ビタミンとホエータンパク質の残存性の比較 -特に予備加熱の影響について-,日本畜産学会報,80,41-45.
・Hayashi, T., Kato, K. and Haga, S.(2009)Angiotensin I-converting enzyme inhibitory peptide derived from porcine skeletal muscle myosin fermented by Lactobacillus lactis subsp.lactis IFO-12007, J. Res. Inst. Meijo Univ., 7, 71-80.
・芳賀聖一,林 利哉,小川幸彦,田口真理,荒川正樹,坂田亮一,西川 潤(2008)食の安全・安心を担う実習教育,名城大学総合研究所 紀要,13,5-8.
・ 寺本華奈江,佐藤浩昭,孫 麗偉,鳥村政基,田尾博明,和栗伸伍,林 利哉,芳賀聖一(2007)マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による低温増殖性乳酸菌の迅速同定および分類,分析化学, 56,1063-1070.
・ 藤田利宗,林 利哉,芳賀聖一(2006)レトルト加熱による天然アクトミオシンゲルの物性変化に関する研究, 日本食品科学工学会誌,53,423-429.
・ Shiraishi, S., Nakamura, Y.-N., Iwamoto, H., Haruno, A., Sato, Y., Mori, S., Ikeuchi, Y., Chikushi, J., Hayashi, T., Sato, M., Cassens, R. G. and Ito, T. (2006) S-Myotrophin promotes the hypertrophy of skeletal muscle of mice in vivo. Int. J. Biochem. Cell Biol., 38, 1114-1122.
・ 芳賀聖一,林 利哉,小川幸彦(2005)「農場実習へのHACCP教育の導入」に関する研究, 名城大学総合研究所 紀要,10,47-52.
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.