SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
応用微生物学研究室
LINE
生物化学研究室
LINE
栄養・食品学研究室
LINE
食品機能学研究室
LINE
生物物理化学研究室
LINE
天然物有機化学研究室
LINE
農薬化学研究室
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 栄養・食品学研究室
Update :
SPACE
pic_green 栄養・食品学研究室
SPACE
MeidaS 小原 章裕湊 健一郎 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員1
SPACE
教授 小原 章裕
SPACE 教員2
SPACE
准教授 湊 健一郎
SPACE
研究内容
栄養学や食品学分野は、私たちの生活が丸ごとテーマになりうるといってよい分野です。自己免疫疾患や食品アレルギーに関する研究は「免疫」に関連した分野で、いずれも現代的な関心事です。また発ガンを予防できる食品因子や骨密度改善に影響する食品因子の検索なども行っています。研究室の最終目標は「健全な食生活の構築」。それはすなわち、本学の目標・理念である「実学の美学」と「穏健中正」を栄養学と食品学の分野で具現化することだと考えています。詳細については,上の研究室の詳細をクリックしてください。
SPACE
研究内容パネル
クリック!
PDFファイル(893KB)

上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
no title
研究室の大学院生が,台湾で開催された2011International Conference on Food Factorsで発表しました。

Ken-ichiro Minato, C. Abe, M. Nishikawa, and A. Ohara, An immunomodulating activity of the polysaccharide from an edible mushroom, Pholiota nameko, International Conference on Food Factors 2011 (Taipei)(平成23年11月21日)
Y. Furukawa, K. Minato, Y. Takimoto, T. Ito, T. Osawa and A. Ohara, Antimutagenic compound in Coprinus comatus, International Conference on Food Factors 2011 (Taipei) (平成23年11月22日)
O. Ito, K. Minato and A. Ohara, Anti-cariogenic activity of cinnam aldehyde, International Conference on Food Factors 2011 (Taipei) (平成23年11月22日)
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
0・名城大学総合研究所 薬食同源による健康研究センターが採択され,初めての研究報告会を行いました(3月17日)。
詳細は,
http://www.meijo-u.ac.jp/news_event/event/2011/2498.html
をみてください。
0・研究内容を日本農芸化学会2012年度大会で発表しました。(3月22日〜25日,京都女子大学)
伊藤央貴,湊健一郎,小原章裕,シンナムアルデヒドのう蝕原因菌Streptococcus mutansに対する抗菌作用
山田由華,湊健一郎,横手将太,原田栄津子,森園智浩,小原章裕,南米産食用キノコの生理活性
山下紗季,湊健一郎,井上五郎,野田 廣,小原章裕,発酵小豆味噌の抗酸化活性

0・研究室の新年度がスタートしました。(4月2日)
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・ Akihiro Ohara, Fumie Saito and Tsugio Matsuhisa:(2008) Screening of antibacterial activities of edible plants against Streptococcus mutans,Food Sci. & Technol. Res.,14, 190〜193
・ T. Matsuhisa, A. Ohara and L. Mei:(2007) Effects of Vegetable Oils Containing an Equal Proportion of Polyunsaturated Fatty Acids on Autoimmune-prone MRL/lpr and NOD Mice,International Proceedings, 13th International Congress of IMMUNOLOGY,229-234
・ 梅 琳,小原章裕,松久次雄:(2006) リノール酸とα-リノレン酸が自己免疫疾患易発症性マウスMRL/lprの免疫関連因子に及ぼす影響,日本食品化学学会誌,13,141〜145
・ Akihiro Ohara and Tsugio Matsuhisa:(2004) Effects of diet composition on mutagenic activity in urine, Bio Factors,22,115〜118
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.