SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
作物学研究室
LINE
園芸学研究室
LINE
遺伝育種学研究室
LINE
植物分子遺伝学研究室
LINE
植物病理学研究室
LINE
昆虫学研究室
LINE
生物資源経済学研究室
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 昆虫学研究室
Update :
SPACE
pic_red 昆虫学研究室
SPACE
MeidaS 山岸 健三上船雅義 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員1
SPACE
教授 山岸 健三
SPACE
SPACE
准教授 上船 雅義
SPACE
研究内容
1.農業害虫の天敵である寄生蜂類、特にタマゴクロバチ類の分類を行っています。歴代の専攻生が大量の昆虫標本を作製し、小型寄生蜂に関しては国内最大の標本数となっています。
2.寄生蜂や捕食者を使った生物的防除に取り組んでいます。害虫防除のため、野外で寄生蜂や捕食者を呼び寄せ圃場に定着させる技術や、植物の香りで害虫を忌避する研究を行っています。
SPACE
研究内容パネル
クリック!
PDFファイル(1.13MB)

上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
学生紹介
[修士1年]鈴木麻衣子さん

コケ類(蘚苔類)を食べる昆虫やダニはほとんどいませんが,その謎を探れば農業害虫の防除に使えるかもしれません.私はゼニゴケを使って害虫のナミハダニに対して忌避効果があるか,殺虫効果があるか検討していますが,実験手法を設定するのに苦労しています.
 趣味として蝶を飼育しています.特に,オオムラサキは幼虫の頭に角があってかわいい顔をしています.最近は,外来種として名古屋市に定着した「ムシャクロツバメシジミ」の生活史を追っていますが,幼虫がとても小さいうえに,食草であるツルマンネンソウ類の葉の中に幼虫が潜ってしまうため,幼虫の発見が難しく苦戦しています.




SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
昆虫学研究室では、2016年3月に開催された日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会で学部生が2名発表しました。この全国大会では学部生・院生によるポスター発表が159件あり,その中から14件に対してポスター賞が授与されました。大学院生による発表が多い中で学部4年生の鈴木麻衣子さんの発表がポスター賞を獲得することが出来ました。

<山岸教授の近況>
学務センター長(教務系)として多種多様な会議に出席しているため,研究室で姿を見かける機会が稀になり,絶滅危惧種化しています.学生が卒業研究で作成・分類した昆虫をすべてチェックするのが唯一の楽しみになっていますが,「標本の作り方が雑だ」とか,「分類がなっていない」とか,苦言の炎を吐いています.

<上船准教授の近況>
長い時間研究室にこもり実験データーの分析などを行っていますが,時々,専攻生と卒業研究の進め方や実験結果の分析方法について何時間も熱心に議論を続けるため,気が付けば飯抜きのこともあります.主に昆虫の視点から研究を行っていますが,植物がどのように害虫から身を守っているのか植物からの視点でも研究を進めています.学部内で統計処理に詳しいため,他の研究室の学生も相談に相談に来てくれます.分析後に,統計結果を受けて何が言えるのか学生と議論するのが楽しいです.

<4年生の近況>
中西くん:タイリクヒメハナカメムシに利他的行動があるか調べています.
小池さん:ゼニゴケの植食者に対する防衛能力を調べています.
阿部くん:名城大学農学部附属農場の甲虫の多様性を調べています.
井口くん:タバコカスミカメを圃場で維持するための手法を開発しています.
鵜飼くん:タイリクヒメハナカメムシを圃場で維持するための手法を開発しています.
片山くん:タイリクヒメハナカメムシの採餌行動を調べています
木村さん:ヒメカメノコテントウが多回交尾を行う原因を調べています.
鈴木くん:ヒメカメノコテントウの産卵行動を調べています.
三谷さん:ヒメカメノコテントウの交尾相手の探索行動を調べています.
大前くん:タイリクヒメハナカメムシの交尾行動を調べています.
木全くん:ヒメカメノコテントウの共食いについて調べています.
堀井くん:愛知県における小蛾類特に潜葉性の蛾類の多様性について調べています.
武藤くん:ヒメカメノコテントウを圃場で維持するための手法を開発しています.
與語くん:ササグモの餌と匂いの連合学習を調べています.
吉田くん:植物ホルモン類縁体を用いて害虫防除できるか実証試験をしています.
吉野くん:グンバイムシ類の食性と生態を調べています.
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
Rim H, Uefune M, Ozawa R, Yoneya K, Takabayashi J (2017) Experience of plant infestation by omnivorous arthropod Nesidiocoris tenuis affects their subsequent responses to prey-infested plant volatiles. BioControl, in press

Shiojiri K, Ozawa R, Yamashita K, Uefune M, Matsui K, Tsukamoto C, Tokumaru S, Takabayashi J (2017) Weeding volatiles reduce leaf and seed damage to field-grown soybeans and increase seed isoflavones. Scientific Reports, 7: 41508.

Uefune M, Shiojiri K, Takabayashi J (2016) Oviposition of diamondback moth Plutella xylostella females is affected by herbivore-induced plant volatiles that attract the larval parasitoid Cotesia vestalis. Arthropod-Plant Interactions, in press.

Ohara Y, Uchida T, Kakibuchi K, Uefune M, Takabayashi J (2016) Effects of an artificial blend of host-infested plant volatiles on plant attractiveness to parasitic wasps. Journal of Applied Entomology, in press.

Uefune M, Nakashima Y, Takabayashi J, Urano S, Kugimiya S, Shimoda T (2016) Offering honey containing a selective insecticide as food for pests and parasitoids: another effective use. Journal of Applied Entomology, 140: 796-800.

Yamashita K, Isayama S, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J, Miura K (2016) A pecky rice-causing stink bug, Leptocorisa chinensis, escapes from volatiles emitted by excited conspecifics. Journal of Ethology, 34: 1-7.

Rim H, Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J (2015) Olfactory response of the omnivorous mirid bug Nesidiocoris tenuis to eggplants infested by prey: specificity in prey developmental stages and prey species. Biological Control, 91: 47-54.

Shimoda T, Mitsunaga T, Uefune M, Abe J, Kugimiya S, Nagasaka K, Sano K, Urano S, Suzuki Y, Yano E, Takabayashi J (2014) A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutella xylostella, in greenhouses. BioControl, 59: 681-688.

Sugimoto K, Matsui K, Iijima Y, Akakabe Y, Muramoto S, Ozawa R, Uefune M, Sasaki R, Md Alamgir K, Akitake S, Nobuke T, Galis I, Aoki K, Shibata D, Takabayashi J (2014) Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals a mode of plant odor reception and defense. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS), 111: 7144-7149.

Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J (2014) Prohydrojasmon treatment of lima bean plants reduces the performance of two-spotted spider mites and induces volatiles. Journal of Plant Interactions, 9(1) : 69-73.

Takemoto H, Uefune M, Ozawa R, Arimura G, Takabayashi J (2013) Previous infestation of pea aphids Acyrthosiphon pisum to broad bean plants resulted in the increased performance of conspecific nymphs on the plants. Journal of Plant Interactions, 8: 370-374.

Uefune M, Kugimiya S, Shimoda T, Takabayashi J (2013) Starvation and herbivore-induced plant volatiles affect the color preferences of parasitic wasps. BioControl, 58: 187-193.

Uefune M, Kugimiya S, Sano K, Ozawa R, Takabayashi J (2013) Parasitic wasp females are attracted to blends of host-induced plant volatiles: do qualitative and quantitative differences in the blend matter? F1000Research, 2: 57.

Uefune M, Choh Y, Abe J, Shiojiri K, Sano K, Takabayashi J (2012) Application of synthetic herbivore-induced plant volatiles causes increased parasitism of herbivores in the field. Journal of Applied Entomology, 136: 561-567.

山岸健三(2004) 農耕地におけるタマゴクロバチ科(ハチ目)の属構成. The Entomological Society of Japan, 7:39-54.

Yokoyama E, Yamagishi K, Hara A (2003) Structures of the mating-type loci of Cordyceps takaomontana. Applied and Environmental Microbiology, 69:5019-5022.

Fursov V, Shirota Y, Nomiya T, Yamagishi K (2002) New fossil Mymarommatid species, Palaeomymar japonicum sp. nov. (Hymenoptera:Mymarommatidae), discoverd in cretaceous amber from Japan. Entomological science, 5:51-54.
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.