SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
作物学研究室
LINE
園芸学研究室
LINE
遺伝育種学研究室
LINE
植物分子遺伝学研究室
LINE
植物病理学研究室
LINE
昆虫学研究室
LINE
生物資源経済学研究室
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 植物病理学研究室
Update :
SPACE
pic_red 植物病理学研究室
SPACE
MeidaS 荒川 征夫 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE
SPACE
SPACE 教員2
SPACE
准教授 荒川 征夫
SPACE
研究内容
イネを対象として各種病害の発生生態学的研究を行い、有用微生物による生物防除法を検討。また植物病原菌類の種や個体の進化系統学的研究なども行っています。これまでの植物病害防除体系はあまりにも人間中心的であり、自然生態系の循環を乱す方向へと作用してきました。近年、医療分野でも注目されている患者一人ひとりに対するテーラーメイド治療の概念を、植物の病気を防ぐ場合にも適応させ、環境保全型の病害管理技術の開発を目指しています。
SPACE
研究内容パネル
クリック!
PDFファイル(1.54MB)

上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
卒業祝賀会での集合画像
平成27年度の卒業式および祝賀会が2016年3月18日に開催されました。植物病理学研究室からは学部生15名と大学院生1名が巣立ちました。在学中に築き上げた専門知識や技術そして絆を大切に、4月からの新しい環境で、社会人や学生として実力を多いに発揮し、さらに大きく成長してくれることを、教員一同心より祈っております。
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
・2016年5月28日に開催された農学部スポーツ大会(ソフトボール)に植物分子遺伝学と遺伝育種学研究室との連合チームで参加しました。予選で1勝しましたが午後のトーナメントに進むことは出来ませんでした。夕方は研究室メンバーで親睦会を行いました。
・2016年3月21-23日に岡山市で開催された日本植物病理学会にて、研究室卒業生の水野さんと神谷君が現所属の名古屋大学院での研究成果をそれぞれ発表しました。
・2016年3月18日に名古屋市金山のANAホテルで卒業祝賀会が開催され、当研究室から学部生15名と大学院生1名が巣立ちました。
・2016年3月12日に名古屋東急ホテルにて、稲垣教授の退職記念パーティーが開催されました。集合写真(4.9MB)を外部サイトにて閲覧いただけます。
・2016年2月13日に卒論発表会が行なわれ、本研究室所属の16名が発表し、学生および教員を交えた活発な討議で盛り上がりました。
・2016年2月9日に修士論文発表会が行われました。本研究室では牧田さんが発表し、修了に向けた審査が行われました。
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・荒川征夫 (2016) フィールド&ラボ〜知って得する豆知識2〜現場に即応〜病原菌採取のコツと裏技. 植物防疫. 70, 60-63.
・紙崎啓昌・荒川征夫・稲垣公治 (2015) イネのRhizoctoniaおよびSclerotium属菌核病菌の生育および菌核形成・発芽に及ぼす各種CO2およびO2濃度の影響. 関西病虫研報, 57: 11-18.
・清水 稔・荒川征夫・稲垣公治 (2015) イネ各種菌核病を引き起こすRhizoctonia及びSclerotium属菌の菌核発芽様式. 名城大農学部学術報告, 51: 9-16.
・荒川征夫・稲垣公治 (2014) Rhizoctonia属菌における菌糸融合群判定および集団遺伝学解析のための分子マーカー. 日植病報. 80特集号, 81-86.
・松井秀樹・相良由紀子・郭 慶元・荒川征夫・稲垣公治. (2014) 各種微量要素及びSiのイネ4種Rhizoctonia属菌の生育,菌核発芽及び紋枯病発病に及ぼす影響. 日植病報. 80, 152-161.
・Arakawa, M. and Inagaki, K. (2014) Molecular markers for genotyping anastomosis groups and understanding the population biology of Rhizoctonia species. Journal of General Plant Pathology 80, 401–407.
・荒川征夫. (2013) リゾクトニア (改訂新編土壌微生物実験法, 豊田剛己ほか編). 養賢堂. pp.187-192.
・Guo, Q., Mathur, A.C., Arakawa, M. and Inagaki, K. (2012) Contribution of weeds growing in paddy fields to occurrence of rice sclerotial diseases caused by Rhizoctonia and Sclerotium spp.  J. Res. Inst. Meijo Univ. 11, 1-10.
・荒川征夫. (2010)「水田生息性Rhizoctoniaを例にした発生生態学」〜種・個体レベルの分子的解析を圃場にどう持ち込むか〜 (現場で使える植物病原菌類解説 –分類・同定から取り扱いまで-, 景山幸二ほか編). 西濃印刷. pp.106-109.
・稲垣公治, 郭 慶元, 片山好春, 荒川征夫. (2009) 水田における各種RhizoctoniaSclerotium属菌の越冬とイネ-雑草間移動. 名城大農場報告 10, 57-62.
・ Guo, Q., Kamio, A., Sharma, B., Sagara, Y., Arakawa, M., and Inagaki, K., (2006) Survival and subsequent dispersal of rice sclerotial disease fungi, Rhizoctonia oryzae and Rhizoctonia oryzae-sativae, in paddy fields. Plant Dis. 90, 615-622.
・ 稲垣公治・荒川征夫 (2005) 水田におけるイネ各種菌核病菌類の移動と年次変動. 植物防疫 59, 161-164.
・ Inagaki, K., Guo, Q. and Arakawa, M. (2004) Overwintering of rice sclerotial disease fungi, Rhizoctonia and Sclerotium spp. in paddy fields in Japan. Plant Pathology Journal 3, 65-71.
・ 郭 慶元・小笠原崇文・荒川征夫・稲垣公治 (2003). 水田におけるイネ紋枯病菌個体群の年次推移. 日本植物病理学会報 69, 212-219.
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.