SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
作物学研究室
LINE
園芸学研究室
LINE
遺伝育種学研究室
LINE
植物分子遺伝学研究室
LINE
植物病理学研究室
LINE
昆虫学研究室
LINE
生物資源経済学研究室
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 園芸学研究室
Update :
SPACE
pic_red 園芸学研究室
SPACE
MeidaS 鈴木茂敏津呂正人 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
教員2
SPACE
教授 鈴木 茂敏
SPACE 教員3
SPACE
教授 津呂 正人
SPACE
SPACE
准教授 鈴木 康生
SPACE
研究内容
果樹の分野では、「果実・葉・根の構造と機能を探る」を課題に、果実、葉、根の発育過程に伴う細胞構造の変化、環境ストレスに対する果樹の応答機構の解析などを研究している。野菜の分野では、野菜の量的成長と光合成、蒸散作用などの生態的生理、養液栽培における栽培技術の基礎的課題を研究している。花卉の分野では、組織培養、遺伝子導入、突然変異、交配等新旧さまざまな手法を駆使して「プラスαの価値をもった花卉の育成」を目標に、それぞれの植物に適した手法を開発するための基礎的な研究を行っている。このように園芸学研究室では形態解培技術、生理生化学分析法、数学的解析法、バイオテクノロジーまでの広範な手法と栽培管理技術の習得を重視した活動を行っている。セミナーの発表課題も多様であり、思考方法の訓練や知識拡大の機会が多い。ネパールからの大学院生も在籍し、海外の研究者との交流も盛んである。
SPACE
研究内容パネル


上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
no title
園芸学研究室では果樹/利用・野菜・花きと3分野に分かれて研究が行われています。学生はそれぞれの分野で日々研究をしています。

最近の卒業生の進路は,大学院進学(名城大学,国立大学),公務員(県,市),JA,金融,流通,園芸関連,教員(高校,中学),食品関連,環境関連,サービス関連などさまざまです。
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
・5月19日に農学部スポーツ大会がありました.今年は晴天でソフトボールが行われました.園芸学研究室は残念ながら予選敗退となりましたが,楽しい時間を過ごすことができました.
・平成30年度は4年生24名,3年生28名でスタートしました.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・3月21日に学位授与式があり,25名に学位が授与されました.
・2月10日に卒業研究発表会が行われました。ポスター発表に続き、口頭発表があり、1年の研究成果について活発に意見交換しました。
・11月18日に附属農場で公開講座が開催され、鈴木康夫先生が「果物・野菜の収穫後生理と家庭における取り扱い」と題して講演されました。
・9月11〜12日にゼミ旅行に出かけました。農研機構野菜・花き部門、三重県農業研究所、JA伊勢とバラ農家を訪問し、研究内容や先進農業について説明を受けました。JA伊勢では青ねぎの包装工程を体験させていただき、充実した2日間となりました。
・9月1日〜3日に園芸学会秋季大会が酪農学園大学で開催され、研究生の石黒さんが発表しました。
・5月13日に球技大会が行われました.あいにくの天候でソフトボールからバレーボールに変更されました.園芸学研究室は健闘はしましたが・・・.
・平成29年度は4年生25名,3年生24名でスタートしました.
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・Y. Suzuki and A.M. Dandekar (2014) Sucrose induces expression of the sorbitol-6-phosphate dehydrogenase gene in source leaves of loquat. Physiol. Plant. 150:355-362.
・ H. Li, T. Inokuchi, T. Nagaoka, M. Tamura, S. Hamada and S. Suzuki (2014) NO3 requirement and quantitative management method of nutrient solution based on NO3 supply in hydroponic culture in radish plants. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 83, 44-51.
・ M. Tsuro, N. Kondo, M. Noda, K. Ota, Y. Nakao and S. Asada (2016) In vitro induction of autotetraploid of Roman chamomile (Chamaemelum nobile L.) by colchicine treatment and essential oil productivity of its capitulum In Vitro, Cellular & Developmental Biology - Plant 52, 479-483.
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.