SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
作物学研究室
LINE
園芸学研究室
LINE
遺伝育種学研究室
LINE
植物分子遺伝学研究室
LINE
植物病理学研究室
LINE
昆虫学研究室
LINE
生物資源経済学研究室
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME研究室紹介 > 作物学研究室
Update :
SPACE
pic_red 作物学研究室
SPACE
MeidaS 道山弘康平野達也 MeidaS SPACE
研究室の詳細 SPACE
SPACE 教員1
SPACE
教授 道山 弘康
SPACE 教員2
SPACE
教授 平野 達也
SPACE
研究内容
日本人の主食であるイネをはじめ、日本人になじみの深いソバ,油料作物であるヒマやゴマ,繊維作物のケナフやジュートを対象として、その生産性や品質の向上、栽培環境との関係、新たな用途拡大につながる研究を展開しています.
イネの需要は世界的に増加しており,日本でも幅広い用途でのイネの利用が進められています.そこで,イネの収量性向上に向けて,子実への炭水化物の供給能力を増強するための研究を進め、文部科学省の科学研究費補助事業などの支援を受けて、イネ茎葉部のデンプン分解に関わる様々な遺伝子の機能解析を進めています.
さらに,1)様々なソバ品種やダッタンソバの栽培特性,2)アフリカ・ブルキナファソ国でのゴマ栽培支援に係わる試験、3)ブラジルアマゾンで生育する野生イネの環境適応機構の解明,4)水田における稲わらを原料とした再生可能エネルギーとしてのバイオメタン生産技術(GETシステム)の確立、5)エゴマの収量および子実品質に及ぼす栽培環境の影響の解析など,多様な研究に国内外の研究室と共同で取り組んでいます.
SPACE
研究内容パネル


上の画像をクリックすると
別ウインドウで開きます。
SPACE
Student's Voice
杉村優有(博士後期課程3年)
杉村優有さんは「イネ茎葉部におけるデンプン代謝関連酵素遺伝子の機能解析」というテーマで博士課程在籍中の3年間にわたって研究を進め、平成28年3月に博士(農学)の学位を取得しました.
杉村さんは、本学の作物学研究室出身者では三人目(うち一名は名古屋市立大学大学院で学位取得)の博士学位取得者となり、今後、研究者として当該分野の発展に貢献することが期待されます(写真は平成26年9月に開催された第8回アジア作物学会議(ハノイ・ベトナム)でのポスター発表の様子)。
SPACE
研究室からのお知らせ
SPACE
<平成30年度>
・5月19日(土)に農学部スポーツ大会(ソフトボール)が開催され、作物学研究室は決勝戦に進出し、惜しくも負けてしまいましたが、準優勝という快挙を成し遂げました。しかも、3年連続で3位以上という安定した成績を残しています。

・本年度の研究室は、学部4年生12名、学部3年生11名という体制でスタートしました。

<平成29年度>
・本年度の卒業研究発表会が平成30年2月10日(土)に開催され、4年生15名が一年間の研究成果をポスターと口頭で発表しました。その後の打ち上げ&同窓会には30名を超える卒業生が参加して、大いに盛り上がりました(卒業生の皆さん、いつもありがとう)。

・知の拠点あいち・新エネルギー実証研究エリアにおいて実証研究を進めている稲わらを原料としたバイオメタン生産技術(GETシステム)に関する成果が本学と愛知県からプレスリリースされ、平成30年1月19日(金)に報道関係者や企業の方に対する実演会を開催し、平野が成果の概要をプレゼンしました。

・10月4日から6日にかけて東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2017において、水田におけるバイオメタン生産(GETシステム)に関する成果を展示しました。

・日本作物学会第244回講演会(岐阜大学、9月14日〜15日開催)において、「エゴマの生長、開花、収量構成要素および含油率における栽培地間と系統間の差異」というタイトルで、平野が口頭発表を行いました。

・農学部スポーツ大会は、今年は雨天のためにバレーボールになりましたが、作物学研究室は2年連続で3位になりました。

・大学院修士課程1年生が1名、学部4年生が16名、学部3年生が11名という体制で、本年度の研究室がスタートしました。

<平成28年度>
・東京大学で開催された日本作物学会において、平野がオーガナイザーの一人を務める「イネ茎部で働く遺伝子たち」というシンポジウムが開催され、「イネ葉鞘において出穂期以降のデンプン分解に関与する遺伝子の探索と機能解析」という演題で、平野が今までの研究成果について講演しました。

・卒業式&卒業祝賀会が3月17日(金)に開催され、作物研からは院生1名と学部生15名が修了および卒業証書を授与されました。その後、いつものようにとりひろで最後の飲み会を開きました。素晴らしい学生たちの今後の活躍と幸運を心から願ってます!

・2月12日(日)に本年度の卒業研究発表会が開催されました。夕方からは卒業生30名が集まり、同窓会を兼ねた卒研発表会の打ち上げが行われました。

・Plant Production Science誌のVolume 18に掲載された、特任助手の杉村優有さんが筆頭著者である論文が日本作物学会の第14回論文賞を受賞することが決まりました。

・11月20日から1泊2日で昼神温泉にてゼミ合宿を行い、4年生と院生が研究の中間発表を行いました。また、21日には体育館でバレーボール&ドッチボール大会を行いました。

・韓国で開催された国際ソバ学会で道山教授が優秀発表賞を受賞しました。

・イネβ-アミラーゼ遺伝子、OsBAM2OsBAM3の葉鞘での機能解析に関する論文がPlant Production Science誌の第19巻2号に掲載されました。

・5月28日に開催された農学部スポーツ大会(ソフトボール)で作物学研究室は3位になりました!

・本年度の研究室活動が、特任助手1名(杉村優有)、大学院修士課程1名、4年生15名、3年生16名の体制で始まりました。
SPACE
SPACE
最近の主な論文・著書/
SPACE
・Hirano, T. et al. (2011) Identification of two plastid-targeted beta-amylases in rice. Plant Prod. Sci. 14: 318-324
・Hirano, T. et al. (2014) Differences in elongation growth between floating and deepwater rice plants grown under severe flooding in Thailand. Field Crop. Res. 160: 73-76
・Okishio, T., Sasayama, D., Hirano, T., Akimoto, M., Itoh, K. and Azuma, T. (2014) Growth promotion and inhibition of the Amazonian wild rice species Oryza grandiglumis to survive flooding. Planta 240: 459-469.
・Okishio, T., Sasayama, D., Hirano, T., Akimoto, M., Itoh, K. and Azuma, T. (2015) Ethylene is not involved in adaptive responses to flooding in the Amazonian wild rice species Oryza grandiglumis. J Plant Physiol 174: 49-54.
・Sugimura, Y., Michiyama, H. and Hirano, T. (2015) Involvement of α-amylase genes in starch degradation in rice leaf sheaths at the post-heading stage. Plant Prod Sci 18: 277-283.
・Hirano, T., Higichi, T., Hirano, M., Sugimura, Y. and Michiyama, H. (2016) Two beta-amylase genes, OsBAM2 and OsBAM3, are involved in starch remobilization in rice leaf sheaths. Plant Prod Sci 19: 291-299.
・Hashida, Y., Kadoya, S., Okamura, M., Sugimura, Y., Hirano, T., Hirose, T., Kondo, S., Ohto, C., Ohsugi, R. and Aoki, N. (2018) Characterization of sugar metabolism in the stem of Tachisuzuka, a whole-crop silage rice cultivar with high sugar content in the stem. Plant Prod Sci (in press)
SPACE
SPACE
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.