名城大学農学部 松儀研究室
天然物有機化学研究室
本文へジャンプ


Welcome to MATSUGI Lab.

  自然界には生命体により創り出された多様な有機化合物群(=生物活性物質)が存在し、生命活動においてさまざまな機能を担っています。これらの化合物は、医薬品・サプリメント・香料・化粧品等としての利用が可能であり、我々の健康な生活を支えます。
 私たちのグループでは、生命現象や生物現象を中心に扱う農学分野における有機化学研究の新展開を目指しています。主に、優れた生物活性物質を創出するための独自の有機化学的手法の確立を行い、新たな医薬品や香粧品のもとになりうる有用な分子の設計・開発を進めています。また、天然に存在する生物活性物質の役割や機能を明らかにする試みも行っています。詳しくはこちらへ。
NEWS

 2012/07/01  酸化反応開発に関する研究が、日本薬学会発行のChem. Pharm. Bull.の2012年
          7月号の表紙に掲載されました。

 2012/04/01  濱本 博三 准教授が赴任しました。

 2009/04/01  塩入 孝之 先生(名市大名誉教授・日本プロセス化学会会長)に研究グループに
           お加わりいただき、ご指導いただけることになりました。

 2008/04/15  当研究室で開発したミディアムフルオラス脱水縮合剤(改良型向山試薬)
          が、和光純薬 工業(株)から市販されました。

 2007/05/09  アメリカ化学協会学術誌The Journal of Organic Chemistry の Most-Cited :
          Articles 2005の第10位に当研究室の論文(J. Org. Chem. 2005, 70, 1636)が
          ランクインしました。 

 2005/04/01  松儀グループスタート!
 ■大学院生募集のおしらせ
  当研究室では大学院生(修士課程・博士後期課程)を募集しています。
  他大学・他学部からの参加も歓迎します。興味のある方は下記までご連絡ください。

  ○問合せ先: E-mail hamam(at)meijo-u.ac.jp (濱本)
 
  Address 
 〒468-8502 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501 名城大学 天白キャンパス 研究実験棟I (2F E203)