SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME後援会 > 会則等
SPACE
後援会
SPACE 後援会TOP SPACE 会長・顧問挨拶 SPACE 主な支援事業 SPACE 組織と役員 SPACE 地区懇談会
SPACE 会則等 SPACE 後援会会費について
SPACE
SPACE
会則等
名城大学農学部後援会会則
 (名称)
第1条 本会は、名城大学農学部後援会と称する。(以下本会と略称する。)
 (事務所)
第2条 本会の事務所は、名城大学農学部内に置く。
 (目的と事業)
第3条 本会は、農学部及び大学院農学研究科における学生の勉学施設、環境の整備拡充と教育
 研究の充実発展に資すると共に、会員と本学部教職員との連係を密にすることを目的とする。
2 本会は、前項の目的を実行するため、役員会で必要と認めた事業を行う。
 (組織)
第4条 本会は、下記の会員を以って組織する。
正会員   農学部及び大学院農学研究科の学生の保護者。
賛助会員  本会の趣旨に賛同する者。
 (役員)
第5条 本会に、下記の役員を置く。
会 長  1 名
副会長  1 名
理 事  若干名
会 計  1 名
監 査  1 名
 (役員の選任及び任期)
第6条 本会の役員は、下記により選出する。
会長、副会長、理事、会計及び監査は、総会において正会員の中から公選する。
顧問は農学部長、参与は農学部教授に委嘱する。
役員の任期は、顧問及び参与を除き一ヵ年とし総会において改選する。
但し、重任を妨げない。
 (事務局長)
第7条 本会には事務局長を置き、事務局長は農学部事務長に委嘱する。
 (役員の任務)
第8条 本会の役員の任務は、下記のとおりとする。
会 長  会務を総理し、会議の時は、議長となる。
副会長  会長を補佐し、会長支障ある時は、その代理をする。
理 事  事業計画、予算、決算、その他、本会の重要事項を審議する。
会 計  会長の命を受けて会計を担当する。
監 査  会計を監査する。
顧 問  会長の諮問に応じる。
参 与  会長の諮問に応じる。
 (事務局長の任務)
第9条 事務局長は、会長の命により本会の事務を所掌する。
 (会議)
第10条 本会の会議は、総会及び役員会とする。
 (総会)
第11条 総会は、定期総会と臨時総会とし、定期総会は、毎年度始めにこれを開き、会務を報
 告し重要事項を附議する。
 (臨時総会)
第12条 臨時総会は、役員会においてその必要を認めた時、又は正会員の3分の1以上の申し
 出があった時、会長がこれを招集する。
 (議決)
第13条 総会及び役員会は、定員の過半数(委任状を含む)を以って成立し、議事は出席者の
 過半数を以って決定する。可否同数の時は議長の決定する処による。
 (議事)
第14条 総会は下記の事項を議決する。
予算、決算に関する事項
事業計画に関する事項
規約改正に関する事項
その他、役員会が必要と認める事項
 (役員会)
第15条 役員会は、会長が必要に応じてこれを招集し、下記の事項を審議する。
事業計画の立案
運営委員会との連絡に関する事項
会費及び寄付に関する事項
総会に附議する原案に関する事項
その他、正会員が必要と認める事項
 (会費)
第16条 会則第3条の目的達成のため、正会員及び賛助会員は、会費として別に定めるところ
 により、入会費を納めるものとする。
 (会計年度)
第17条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。
   附 則
 この会則は、昭和37年4月28日から施行する。
   附 則
 この会則は、平成18年4月4日から施行する。
    附 則
この会則は、平成23年4月5日から施行する。
但し、この会則は施行初年度の会計年度を、平成23年4月1日から平成23年12月31日とする。
SPACE
名城大学農学部後援会弔慰・見舞金支出規定
 (目的)
第1条 本規程は、名城大学農学部後援会(以下「本会」という。)の会員及び農学部関係者に
 弔慰金、見舞金を支出することを目的とする。
 (弔慰金)
第2条 弔慰金の対象及び金額は次号のとおりとする。ただし、弔慰対象については死亡30日
 以内にその遺族または、その代理者から本会事務局に届出があった場合とする。
 (1) 農学部後援会正会員の学生     50,000円
 (2) 農学部後援会正会員(父母)    50,000円
 (3) 農学部教職員           20,000円
2 前項以外の者で会長が弔慰を必要と認めた場合、10,000円から50,000円の範囲で支出する
 ことができる。
3 生花は、会長が必要と認めた場合に限り、弔慰金とは別にこれを添えることができる。
 (見舞金)
第3条 見舞金の対象及び金額は次号のとおりとする。ただし、見舞対象については入院した日
 から30日以内に本人または、その代理者から本会事務局に届出があった場合とする。
 (1) 農学部後援会正会員の学生で、在学中における病気または事故(実験・実習、交通事故
  等)により、15日以上入院したとき   10,000円
2 前項以外の者で会長が特に見舞を必要と認めた場合、10,000円から50,000円の範囲で支出
 することができる。
   附 則
 この規程は、昭和59年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は、平成6年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は、平成18年4月4日から施行する。
SPACE
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.