SPACE
SPACE 名城大学 農学部 SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 学部長あいさつ 交通アクセス サイトマップ
SPACE
SPACE SPACE SPACE
入試情報 大学院 附属農場 研究室紹介 施設紹介 学生生活 卒業生の方へ 証明書の発行 後援会 同窓会 大学HPへ
SPACE
SPACE
SPACE
生物資源学科
SPACE
応用生物化学科
SPACE
生物環境科学科
SPACE
SPACE
SPACE
HOME > 農学部の教育理念・人材養成目的等
SPACE
学部長あいさつ
SPACE 教育理念 SPACE 人材の養成の目的その他の教育研究上の目的
SPACE ディプロマ・ポリシー SPACE カリキュラム・ポリシー SPACE アドミッション・ポリシー
LINE2
SPACE
SPACE
農学部の教育理念・教育目的 名城大学農学部は、生命・食料・環境に係わる諸課題の解決・改善に貢献するために、生物資源学科、応用生物化学科、および生物環境科学科の3学科を設置し、教育理念および人材の養成の目的その他の教育研究上の目的を策定している。さらに人材の養成の目的等を実現するために、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、およびアドミッション・ポリシーを定め、PDCAサイクルによる教育の質の向上に取り組んでいる。
教育理念
本学部は、生物資源の有効利用と安定的な生物生産、生命現象の解明、食品機能と生物機能の応用、および生物と人と自然との調和がとれた環境の創出について教育を行い、人類の生活の向上に貢献する。
人材の養成の目的その他の教育研究上の目的
本学部は、農学分野における諸課題の解決あるいは改善への取り組みを通じて人類の生活の向上に貢献するため、教養教育および専門基礎教育を基盤にして、生物資源の有効利用と安定的な生物生産、生命現象の解明、食品機能と生物機能の応用、および生物と人と自然との調和がとれた環境の創出について教育と研究を行う。そのことによって、幅広い教養、生命・食料・環境・自然に関する広汎な専門的学識と洞察力、創造力、実践力を涵養し、農学および生物関連産業において貢献できる専門技術者または農学の素養ある教養人を養成する。
ディプロマ・ポリシー
人材の養成の目的を実現するために、次のような能力等を有する人材を養成し、社会に送り出す。

1.
幅広い教養、語学力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、生き物・自然に対する敬愛の念、倫理観および豊かな人間性
2.
幅広い専門的学識と基本的な解析技術
3.
生命・食料・環境・自然分野における問題解決能力と課題探究能力
カリキュラム・ポリシー
ディプロマ・ポリシーに掲げた能力等を次のような方針のもとで教育を行い、人材を養成する。

1.
カリキュラムは、全学共通教育部門と専門教育部門で編成する。全学共通教育部門は、人文・社会系科目、語学、情報技術、および健康とスポーツ科学等を下級年次に開講する。専門教育部門は、専門基礎科目と専門科目で編成し、全学年に渡って配置する。専門基礎科目としては、農学教育に重要な生物学・化学等の自然科学系科目や科学英語を置く。専門科目は、各学科の教育の柱となる学問分野の基幹的・発展的科目とその関連科目について、体系性・順次性に配慮して開講するが、特に1年次前期には専任教員の顔が見え、学科の教育・研究全般の概略が感じられる科目を設定する。
2.
授業は、講義・実験・実習・演習形式で行う。授業では、講義による理論・知識の教授だけでなく、実験・実習・演習を重視し、学生・教員双方向でのコミュニケーションを大切にする。全開講科目について、授業計画、学習到達目標、成績評価基準等を公表する。専門分野は、基礎から応用へ段階的に学習させるため、3・4年次に進級基準単位を設定する。
各年次等における教育の主なねらいは次の通りとする。
1年次は、全学共通教育による幅広い教養・語学力・情報技術の養成および農学における基礎学力と目的意識・学習意欲の向上を図る。
2年次は、主として、各専門分野の基幹的講義科目や基礎的実験・実習科目を開講し、専門分野の基礎知識や初歩的技術を習得させる。
3年次は、主として、各専門分野の発展的講義科目や実験科目を開講し、専門分野の発展的・応用的知識や基本的技術を習得させる。
3年次後期(生物資源学科は前期)からは、研究室に配属させ、卒業研究やゼミナールを通じて、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題解決能力、および課題探究能力等を育てる。
アドミッション・ポリシー
本学部は、学習意欲が旺盛で、課題解決に積極的にチャレンジし、かつ将来、生命・食料・環境の分野で社会に貢献したい人だけでなく、各学科は、さらに、次のような人物の入学を望んでいる。

生物資源学科
1.
生物の高度利用をめざして、分子生物学、細胞生物学などをベースに遺伝子工学やバイオテクノロジーについて学びたい人
2.
生物機能の開発をめざして、昆虫、微生物、有用植物などの生物資源の特性と多様性、および生物間相互作用について学びたい人
3.
食料関連分野での利用をめざして、生物生産の理論、生産環境の仕組み、生物資源経済について学びたい人

応用生物化学科
1.
遺伝子工学やバイオテクノロジーについて学びたい人
2.
食品の安全・安心、食品の美味しさ、および食と健康などについて学びたい人
3.
有用な生理活性物質の探索・化学合成・活性発現の分子機構などについて学びたい人

生物環境科学科
1.
里地里山・緑地環境について学びたい人
2.
野生動植物に関心を持ち、生物多様性や生態系の保全について学びたい人
3.
微生物・植物機能による環境調節や環境応答について学びたい人
4.
環境汚染の低減や農耕林地における土壌管理について学びたい人
SPACE
copyright(c) Faculty of Agriculture, Meijo University. All rights reserved.